スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/6/28 本日の飛行場

梅雨の晴れ間です。
P1000612_convert_20100630225134.jpg


先日撃たれた西山さん、全快しました。
P1000617_convert_20100630225558.jpg
たいしたコトなくて、よかったです。


宮本さんです。
P1000621_convert_20100630230147.jpg
鳥飛ばす準備してます。


岡村さんは・・・
P1000631_convert_20100630230605.jpg
知人からCクラスの機体を借りてきました。
中級クラブ対抗はこれで出るようです。


新井さんです。
P1000638_convert_20100630230952.jpg
飛行場で機体のセッティングです。

クラブ対抗が終わったら、いよいよ電動機です。

今日は、これでおしまい。
スポンサーサイト

2010/6/27 本日の飛行場

デジカメを持って行くの忘れてしまった。

ケータイの写真です。

今日は・・・
DVC00152_convert_20100627222517.jpg

朝方都内は雨模様だったせいでしょうか?
参加者は少なめの5名です。

先週見学に来ていた「入門希望者」来るかと思ったけど、今日は来ませんでした。

午前中は時折ぱらついていた時間帯もありましたが、無風でした。
「今年一番」くらいの蒸し暑さでした。
最初のフィギュアMで眼鏡が曇ります。

近藤副会長が来週に備えて時折「スポーツマン級の演技」をやってましたが、基本的にみんなでP-11を あーじゃねえこーじゃねえ やってました。

少しずつではありますが、上達してきてます。

やはり、エースの新井さんが一番「安定」してます。
管理人田畑は「コンスタントスピード」と「底辺を揃える」をテーマにしてました。

浅野先生がイマイチ集中できてなかったようです。
後ろにS木さんがいた時の方が、よく飛んでました。

近藤さんはCクラスの「ウインド」をのびのび飛ばしてました。
この機体でCクラスは「反則」ですね。 飛び過ぎです。

万福さんは、コース取りがイマイチでした。
近くなったり遠くなったり・・・
もう少し揃えないと「マスターズ」は厳しいと思います。
(まあ、ネタ的には、合格してもらうと困るんですが・・・)

]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

ここから先は、ちっと「偉そう」に意見します。
酔っ払ってるから勘弁ね。

聞く・聞かないは個人の自由です。

6.5はもらえるのですが、7以上がなかなか揃わないで苦戦している人へのアドバイスです。

あくまで「ヒント」であって、「全て」ではありません。
しかも、ホントかウソかわかりません。
いいかげんですよ~!


先日、西山さんや万福さんには話しましたが、7点欲しかったら、演技の入りと抜けに必ず「水平直線飛行(ポーズ)」を入れて下さい。
ルールにも、きちんと謳われてる筈です、たしか・・・

練習見てると、ちゃんと(ほぼ)7点の図形は描けてます。
7点の図形が描けていても、抜けが決まらないと6.5点になっちゃいます。
反対に少々形がいびつでも、抜けが決まれば7点もらえると思います。

「抜けが決まる」 イコール 「入りが決まる」 ってことになります。

入りと抜けに「水平直線飛行」を意識する事によって、おのずと演技(図形)も丁寧に描けると思います。

練習の時も、傾いたまま次の演技に入るのでなく、ちゃんと水平に直してから入って下さい。
繰り返しやってれば、自然と水平に入って水平に抜けられるようになるはずです。

壁にぶち当たってる人は、ちょっと意識して練習してみて下さい。
決してマイナスにはならないと思いますよ。

ちなみに、水平とは(ヒコーキは上空を飛んでいるワケですから)向こう側の主翼が下から見えている状態のコトです。
見え方は高度や機体によって若干違いますので、上級者の飛びを参考にして下さい。

邪道かもしれませんが、あえてエルロン(+ラダー)で押さえて、わざと機体の「腹」をしっかり見せる(水平をアピールする)テクニックもあります。
自分は時々使います。(飛ばし方のバリエーションを広げる練習の為)


それから、離陸とデッドパスは10点取るつもりで可能な限り「丁寧」にやって下さい。
離陸とデッドパスで、おおよその「技量」が判断されてしまう事が多々あるそうです。
演技を採点する基準となる「基礎点」が決められてしまうようです。

具体的に言うと、8点から見るか、7点から見るか、はたまた6.5点から見るかってコトらしいです。
当然、8点から見てもらえば、うまくいけば8.5が付く可能性があるし、少しミスっても7.5でとどまるってコトです。
逆に6.5点基準って判断されてしまうと、かなり綺麗な演技をしても、なかなか点が伸びないらしいです。

某トップフライヤーの受け売りです。

あとは、P-11で「大失敗」の可能性があるのは、ストールターン・スナップロール・スピンの「3S」ですね。

これは自分では「数やる(慣れる)」しか無いと思ってますが、アドバイスポイントがありましたら、教えて下さい。

あと、7.5~8点を取る方法も教えて下さい。

よろしくお願いします。


眠くなったので、今日はこのへんで・・・

では、また・・・


2010/6/24 本日の飛行場

九州地方は大雨で大変なコトになっているようですが、
こちら関東地方は貴重な梅雨の晴れ間です。
P1000586_convert_20100625090136.jpg

風が爽やかで、実に気持ちの良い天気になりました。

午前中は西よりの風が吹いていましたので、離陸方向はこの時期にしては珍しく「←」です。

なんで久しぶりに「逆」やるとうまくいかないのでしょうか?
滑走路と平行に、大地と水平に飛んでないってコトですね。

まだまだ「未熟者」です。


平日ですが・・・
P1000590_convert_20100625090910.jpg

8人くらい来ました。

P1000587_convert_20100625091643.jpg
「貴重な木陰」は年寄りに優先権があります。
今日も「タジン鍋?」持参です。


普段は温存(出し惜しみ?)しているのですが、
今日は風が弱いので・・・
P1000589_convert_20100625092736.jpg

浅野先生は一番機を出してきました。
さすが「最新鋭機」です。
実に素晴らしい「飛び」です。

うらやましい~~~


きちんと「調整」された機体で練習しているので、上達も早いです。
F3Aは機体で7~8割(9割?)決まりますね。


しかも今日は、インドア界の大御所 S木さん(バレバレですが、一応本名は伏せておきます。)が特別コーチに来てくれました。
P1000599_convert_20100626013032.jpg

今でも大きな大会には必ず「助手(アドバイザー?)」として出場しているので、「演技を見る目」は確かです。
(自分らの飛びは、まだまだ<演技>の域まで達してませんが・・・)

ご自身も選手権で「一番!」を目指して戦っていたので、「競技」とはこういうものだ、という「心構え」も含めて、実に貴重なアドバイスを下さいます。

後ろで的確なアドバイスをしてもらうと安心して伸び伸び飛ばせます。
「いや~タバタさん、ホントうまくなったよ。」なんて言っていただけると、お世辞半分でも嬉しいです。

これからも時々ご指導よろしくお願いします。



さすがに7~8人いるとインターバルに木陰で涼む余裕があります。
いつも陽気な「万福」おじさんは頭にタジン鍋載せておどけてます。

<※説明するまでもありませんが、「万福」とは「万年プレマスターズの福本」の略です。>

P1000596_convert_20100625094910.jpg

おや?
こちらの機体は・・・
P1000593_convert_20100626193524.jpg
カーム90?
エクスプローラー90??

う~ん・・・

エクスプローラー Cクラス タイプ1
ってとこでしょうか。

P1000595_convert_20100626193903.jpg

お馴染みのこの「洗練」されたフォルム!
設計・製作はもちろん八田肇氏です。

不確かですが、もう10年くらい前の機体だと思います。

肇さんが父 宏さん(故人)の為に、設計・製作した たいへん貴重な機体です。

NRK3代目会長でもあった八田宏氏は、いつもクラブ発展、ラジコン界発展の為に力を尽くして下さり、誰よりも早く飛行場に来て、一番最後に帰るという、責任感に溢れた素晴らしい方でした。

お酒とヒコーキをこよなく愛していたと思います。(もちろん、奥様が一番です)
飲めば飲むほど「陽気」になる人で、酔っ払った時は必ずゴキゲンで「浪曲子守唄」を歌っていました。

また、大変温厚な方で、周りの全ての人々に常に平等に優しく接していたのが印象的でした。

「左手が不自由」というハンデをものともせず、努力! 根性! 努力!! 根性!! 時々お酒!!! でED(エキスパートDクラス)の認定を受けました。(Cクラスの機体でです)

この機体は「更なる上」に挑戦する為に肇さんが作った機体です。

残念ながら宏氏は新作機の完成直前に体調を崩し、この機体を飛ばす事無く世を去ってしまいました。

葬儀の時、主をなくしたこの機体が祭壇に飾られていました。
自分は「ビミョ~に」ヒコーキお休みしてた時期だったと思います。(葬儀には出席させていただきました)

後日行われた「追悼飛行会」で、クラブ員みんなで「ちっとずつ」飛ばしました。


自分は、八田の親父さん大好きでした。
仕方の無いコトかもしれませんが、もうちっと「長生き」してほしかったです。

NRKのクラブ員の面々も同じ気持ちだと思います。

P1000594_convert_20100626194341.jpg

エンジンはOS-91サーパスです。
このエンジン、自分の中では「名器」です。

カーム45・サイレント90とかで使用してました。
「スタントの楽しさ」を教えてくれた素晴らしいエンジンだと思います。

F3Aで「ノーマルマフラー」がまかり通った最後のエンジンかもしれませんね。

P1000592_convert_20100626194636.jpg

八田宏氏専用モデルなので、機体には様々な工夫が施されています。
エルロンのコネクタは片手で抜き差し出来るようになってましたし、当時のスタント機としては珍しい「固定脚」を採用してました。
丈夫でメンテナンスフリーという理由でしょうか。
プロポのスイッチも使わなくてすみます。
カラーリングも「よく見える」ように、蛍光色を多用してます。

なぜ、今このタイミングでこの貴重な機体が出てきたかと申しますと・・・
P1000600_convert_20100626215827.jpg

近々行われる「中級クラブ対抗」に出場する為です。
管理人田畑が急遽出られなくなってしまったので、ベテランの岡村氏に「代理出場」をお願いしました。
アドバンスドクラスなので、Cクラスの機体での出場です。

納得の結果が出せるよう、期待してます。


午後になると・・・
P1000597_convert_20100627030747.jpg

完全に「青空」になりました。

エース新井氏も、ますます練習に力が入ります。
P1000604_convert_20100627031218.jpg

珍しくお洒落なズボンをはいてきました。
慌てて、下だけパジャマで出てきたのかと思いました。



今頃は一番日が長い時期ですが、
P1000609_convert_20100627031516.jpg
暗くなるまで練習してました。

では、また、気が向いたら・・・・・

2010/6/20 血の日曜日・・・

いつもと変わらぬ「平凡な日曜日」のはずでした。

親愛なる ミスターSFC佐々木氏からも義理チョコならぬ「義理メール」が届いて、これで万事順調に平和な日曜日が過ぎてゆくはずだったのです・・・



NRK総司令 野口好男陸軍大将(通称:二人羽織のよっちゃん)がいつものように、
イセキ製T-72式重戦車(通称:利根川の青大将)で滑走路の点検、整備を行います。

P1000556_convert_20100622155138.jpg

野口陸軍大将の頭部は麦わら帽子風にカモフラージュされた最新式の鉄カブトで守られています。
もちろん、一見トラクター風にカモフラージュされたイセキ製T-72式重戦車は完全防弾です。

後方では近藤近衛兵団長自ら警護にあたり、後方からの襲撃に備えます。

総司令にもしものコトがあったら「一大事」です。




陸上施設の管理、整備が完了すると、次はいよいよ上空パトロールです。
こちらはNRK空軍エースパイロット新井少佐(通称:エースのカズ)の任務です。

P1000557_convert_20100622155525.jpg

NRK基地上空を 時間をかけ、じっくりとくまなく索敵しましたが、まったく問題ありませんでした。
今日も制空権は確保されています。

その後、各パイロット達が、順次飛行訓練に入ります。
ここNRKではおなじみのいつもの風景です。





突然、西の空の彼方に・・・  機影? でしょうか?
P1000579_convert_20100622165208.jpg

見慣れない機影です。
新型機??? 
P1000574_convert_20100622172032.jpg

いや、どうも友軍機ではないようです。
P1000576_convert_20100622164811.jpg


まさか・・・
敵機・・・
P1000575_convert_20100622165547.jpg


緊急事態です!
敵機来襲です!

急降下して突然撃ってきました!
P1000578_convert_20100622170221.jpg


あ! あ!  ああぁ~


大変です。
西山さんが撃たれました!

P1000559_convert_20100622170723.jpg

どうやら「腹」を撃たれたようです。
相当苦しんでます。

今日は衛生兵の浅野氏がいないので、どうすることもできません。

P1000558_convert_20100622171202.jpg

彼には「お迎えの天使」が見えるのでしょうか?
必死に拒んでます。

先日「プレマスターズ」に認定されたばかりなのに、あまりにも可哀そう過ぎます。




西山さんを急襲した飛行機、燃料切れでしょうか。
P1000580_convert_20100622173151.jpg

NRK滑走路に強行着陸です。


西山さんの敵討ちとばかりに、親友の岡村さんが・・・
P1000571_convert_20100622173805.jpg

素手でとっ捕まえてきました。


機体は「ばらばらの刑」になりました。
P1000561_convert_20100622174235.jpg

どうやらテトラのキットから製作されたみたいです。
P1000562_convert_20100622174924.jpg

ムスタングP-51
4C-50クラスの機体ですね。
P1000567_convert_20100622175410.jpg

RCやってる人でこの機体のファンの人は多いと思います。
いろんなトコから、キットやARF機(半完成機)が出てますよね。


オーナーはこの人。
O久ラジコンクラブのO田氏です。
(プライバシー保護の為、一応クラブ員以外の方は本名を伏せさせていただいてます。バレバレですが・・・)
P1000570_convert_20100622180550.jpg

スケールパイロンレース用の機体だそうです。
P1000572_convert_20100622181302.jpg

たまには、こういう機体も味があっていいですよね。

今日もNRK飛行場は「平和」です。
タイトルに偽りありですみませんでした。

でも、面白かったでしょ。
スランプじゃなかったみたい。  よかった。 


では、また

2010/6/18 本日の飛行場

梅雨の合間を狙って飛行場に来ました。

ってゆうか、相変わらず毎日のように来てますが・・・


本日は・・・
P1000550_convert_20100619181655.jpg

今んトコ、5名と

P1000538_convert_20100619182120.jpg

久々登場の「くう」です。

P1000541_convert_20100619182713.jpg

暑そうなので、飲み仲間の犬の美容師さん(http://www7.plala.or.jp/nachure/)にお願いしてサマーカットしてもらいましたが、でもまだ暑そうです。
犬だから、しょうがないですね。



こちら、小倉会員の「OnlyOne」
今の機体と比較すると、胴体の幅が狭いです。

正面から見るとよくわかります。

P1000548_convert_20100619183752.jpg

エンジンルームもこの狭さです。

P1000544_convert_20100619184127.jpg

サイレント120とか、今見ると結構すごい状態ですよね。



いつもの福本会員です。
おじさんなので、パンもお箸でいただきます。
P1000546_convert_20100619183441.jpg



先日、見事に「プレマスターズGet!」を果たした西山会員のプロポです。
P1000553_convert_20100619192606.jpg

JR12Xも持っているのですが、いまだに10Xでがんばってます。
12Xは新しい機体と同時にお披露目予定です。

それはそれで大変結構なコトなのですが、問題はこの・・・
P1000554_convert_20100619192942.jpg

オンボード板です。
昔の銭湯の下駄箱のフダを思い出しちゃいます。
渋すぎです。


岡村会員、仕事を速攻で終わらせ「合流」です。
空模様がやや怪しくなってきました。
P1000552_convert_20100619200527.jpg

残念ながら、機体を組み終わったところで雨が降ってきてしまい、飛ばさずじまいでした。

なんだか、今回の内容はつまらなくてすみません。
ちょっと「スランプ」かも

では、また

2010/6/17 本日の飛行場

本日の参加者は・・・・・
P1000520_convert_20100619174133.jpg

4名

岡村さんの秘密兵器、とうとう登場です。
P1000518_convert_20100619174753.jpg

人間用かと思ったら「飛行機様用」でした。
F3Aフライヤーですので、当然ですね。

たまには、管理人田畑も・・・
P1000522_convert_20100619175945.jpg

お肌のケアとダイエットが必要ですね。
がんばります。

では、また

2010/6/13

日曜日の飛行場です。
P1000484_convert_20100616110613.jpg

陽気が良くなってきたので、参加者が増えました。
10~12人くらいでしょうか?


こちらは岸本会員です。
P1000490_convert_20100616112128.jpg

キャリアは長いです。
以前はよく来てましたが最近は一年に10回くらいでしょうか?
決して「熱心」とは言えません。

ところが・・・

初心者(体験希望者)を連れてくるコトに関してはクラブ一「熱心?」です。
過去に何人もの「おっさん」を連れてきてます。

今日も初心者同伴です。
P1000476_convert_20100616113405.jpg

昔なつかしい「二人羽織」で教習中です。

P1000478_convert_20100616113759.jpg

おっさん二人でこのポーズは、面白すぎて涙が出ます。
決してよそでは やらないで下さい。
キケンです。

P1000480_convert_20100616114652.jpg

傍から見ると爆笑モンですが、当人たちは「真剣」そのものです。

以前、当ブログで紹介しましたが、「ラジコン機」の操縦は決してやさしいものではありません。
単独飛行できるまで3ヶ月なら、まあ早い方だと思います。

自動車の運転の方が、よっぽど簡単です。


今度は野口屋のご主人自ら教習です。
P1000482_convert_20100616115241.jpg

管理人田畑も20年前、同じコトをしてもらいました。
八田さんに操縦の手ほどきをしたのも、野口屋のご主人です。


・・・この「二人羽織」には歴史があります。・・・




エース新井、今日も16ℓ缶2本携えて登場です。
P1000486_convert_20100616120630.jpg

最近は日が伸びたので、16ℓ缶3本にしようかな、なんて言ってます。
クロッツの燃料、ドラム缶で買えないかな?とか言ってます。

 ・・・・・実機かよ!・・・・・

付き合いきれません。


隣では岡村氏が・・・
P1000488_convert_20100616121808.jpg

暑さで ばてているようです。



暑かろうと寒かろうと、ひとたび飛行場に来れば真っ暗になるまで休みなくバンバン働いているのは、
この人・・・
P1000487_convert_20100616122450.jpg

八田さんです。

今日は「リトルべラン○」のK林社長(ばればれですが、プライバシー保護の為、クラブ員以外の方は一応本名は伏せておきます)と 「ウインド」の50クラスのテスト飛行みたいです。

セッティングの完了した機体を
P1000491_convert_20100616123658.jpg

近藤副会長が運びます。
運びながら「欲しい~」とか思っているのでしょうか。

P1000492_convert_20100616124101.jpg

かっこいいです!
いかにも「飛びそう」なスタイルですね。

結果が気になるとこですが、管理人田畑私用の為、今日は早じまいです。

気になる方はべランカのHPとかで・・・

では、また。

2010/6/11~12

6月11日 金曜日の飛行場です。
P1000460_convert_20100615213228.jpg

参加人数は新井さんも来たので、4名です。


小倉さんは久しぶりに「Only One」を持って来ました。
ベースはMKの「ワイルドビート140」のキットです。
P1000461_convert_20100615213608.jpg

WildBeat → WideBeat → OnlyOne → NextOne → NextOne・・・
少しずつ改良しながら、5~6機位作って飛ばしていたと記憶しております。
P1000462_convert_20100615214057.jpg

オリジナルよりは胴体ボリュームが増えているはずですが、それでも今見るとスマートです。
エンジンは「YS FZ‐140」です。
DZ‐140が出る前のF3Aの「定番」エンジンです。

P1000465_convert_20100615214759.jpg

大変軽く作ってあり、フルサイズにもかかわらず、4,3キロだそうです。たしか
よく飛んでます。


こちら、岡村氏の「スーパースワン」は尾輪を落とさないように、ラダーホーンとゴムで結んでありました。
P1000463_convert_20100615212815.jpg



」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」



翌12日 土曜日の様子です。

P1000467_convert_20100615221903.jpg

10人くらいいたかな?

赤坂会員の協力で吹流しを新調しました。
P1000472_convert_20100615222546.jpg

Good!です。
予備として青い鯉とピンクの鯉もあります。
ボロボロになったら交換します。

こちらは・・・・・
P1000468_convert_20100615223754.jpg

ご存知山田会員です。

今日はまた面白いモノを持ってきました。
P1000469_convert_20100615224208.jpg

写真は撮れなかったけど、ちゃんと飛んでました。

P1000470_convert_20100615224618.jpg

今度チャンスがあったら飛行中(非行中?)の写真撮りますね。


こっちでは・・・・・
新井氏が・・・

P1000471_convert_20100615225015.jpg

直ってきたエンジンを「嬉々として」積み替えてます。
やっぱこの人ビョーキだわ。
 
では、また・・・

つれづれなるままに・・・ 2010夏の電動機!!

こんにちは、管理人田畑です。
電動フルサイズを始めて半年以上になります。
NRKメンバーの中では「パイオニア的存在」の八田さんを入れて、(ドクター浅野氏、オンボード近藤氏、)4番目だと思います。

・・・余談ですが、次はエース新井氏です。
そのあとはニスモ海老沢、チキン西山、酎~岡村、万プレ福本の4氏が虎視眈々と電動化を狙っております。

フルサイズではありませんが、風間会員、丹波会員は「電動機」を上手に飛ばしてます。
野口屋模型店も「商売上がったり」です。 
・・・スミマセン・・・


かつて2サイクルエンジンを4サイクルエンジンが席巻していったように、
今後F3A界は確実に電動機が席巻していくことでしょう。

日本の模型用エンジンメーカーは性能、実績、シェア、どれをとっても「世界一」です。
しかしながらF3A競技に使用できそうなエンジンはほぼ「完熟期(円熟期?)」に来ていると思います。
今後さらに改良が加えられたとしても、燃費が2倍(良く)になったり、重量が半分になったりというほどの極端な進歩はまずないと思います。

電動機の世界はまだ始まったばかりです。
今の重量のバッテリーで2倍の容量を持つとか、同パワーで消費電力が半分のモーターとか、どんどん進化していくでしょう。
正に「無限の可能性」を秘めております。

常に「新しい物好き」「良い物好き」「女好き」(?)のF3Aフライヤーが現状のまま満足している事はありえません。

たかが「模型飛行機」の飛びを良くするために、膨大な(資源と)時間とお金を注ぎ込み、自分の人生や家族、ペットまでをも犠牲にし、シミ・脱毛・皮膚ガンさえも恐れず日中の大半を炎天下で過ごすような奇特な人種です。
なにが悲しくてこんな人間になってしまったのでしょうか・・・
世の無常を感じます。


・・・冗談は置いといて・・・



去年の11月から電動フルサイズを飛ばし始めまして、「シナジー」は350回 「ジェネシス」は80回超えました。

ホントは最新式の電動専用機(7月号のラジコン技術の裏表紙のやつ)が欲しいとこですが、
折からの不景気で「予算」がありません。
ここは「じっと我慢の子」です。
我が家の「独裁者」に事業仕分けの対象にされたら、元も子もありません。


・・・・・余談ですが・・・
今書店に並んでる7月号のラジコン技術の検定会のスナップ写真に
DVC00109_convert_20100419230614.jpg
以前当ブログで使用した写真と酷似した写真が載ってますね。
後姿なのが、ちょっと「残念」です。

そのうち検定会で「オモシロい事」やろうとたくらんでます。




半年チョイ飛ばしてみて、感じたコトを書いてます。

たとえば、自分なりにまとめた、(フルサイズのエンジン機と比較しての)
電動機のメリット、デメリットは
(自分の最後のエンジン機はDZ-160でした)

メリットは
1、機体が汚れない。 (排ガスが無いので、気体にオイルが付着しない)
2、メカ(サーボ、受信機用電池)の持ちがいい。 (振動が極めて少ない)
3、取扱いが容易。 (線をつないで、スイッチ入れるだけ)
4、始動用具がいらない。 (プラグヒート、スターター不要)
5、パワーがある。  (スロットルカーブで抑えてます)
6、レスポンスがよい。 (エンジンと比較してってコトです)
7、速度をコントロールしやすい。 (エンジンと比較してってコトです)
8、トラブル、不調がほとんど無い。 (ちょっとありましたけど・・・)
9、燃料代が安い。  (リポが安くなりました)
10、排煙が出ない。  (出てたら故障です。)

・・・前に風間さんの気体がコックピット周辺から煙をもうもうと噴き上げながら着陸してきました。やられた戦闘機みたいでした。アンプが燃えたようです。ごく稀にそういう事があるようです。ものすごい臭いでした。でも「カッコヨカッタ」です。他人の不幸は蜜の味・・・

11、静かである。 (エンジンと比較して) 
12、消耗品が無い  (リポを燃料と解釈すれば、他にこれといった消耗品はありません)

デメリットは
1、スピンの入り、着陸が難しい。 (プロペラ後流の関係だと思います。セッティングとテクニックを研究中です。)
2、親電源の確保、充電の問題。  (今のとこ対処法は、フライト回数分のリポを用意する。ディープサイクルバッテリーを使う。発電機を使う。この3っつでしょうか)
3、飛行時間が短い。 (容量の大きな電池を使えば時間は延びますが、その分重量がかさむので飛びに影響します。自分の目的に応じたリポを選びましょう)

他に、たとえば、初期投資がかかるなどがありますが、それを言ったらキリが無いので、ここでは省略します。
 

いくつか抜けているとこもありそうですが、とりあえず思いつくとこで、こんなとこでしょうか。

さあ、例によってまとまりのない文章になってきました。

ここからどうやって「フィニッシュ」に持っていくのでしょうか?


振動が少なく、オイルも付かないので、機体の寿命は大幅に伸びると思います。
(壊さなければ)2千や3千回は楽に持つでしょう。

リポバッテリーは、自分の場合は10セルで¥14000~¥19000位の物を使ってますが、値段からして、「150回飛べばいいや」と割り切って使ってます。
今はコネを駆使すれば、もっと「安く」入手できそうです。
皆で助け合いましょう。
(もちろん模型屋さんにも儲かってもらえるようにですよ)

容量は4250~4900mAhです。
P-11 1パターンで3000~3300mAh使います。
ほとんど飛行場で2C充電してますが、今のところ150回はもってます。
最近聞いた情報だと、バッテリーの残量を30パーセント残しておけば、300回でも500回でももつのだそうです。
1C充電が基本みたいですが・・・

メーカーホームページだと2Cがいいとか5Cでも問題ないとか、情報が交錯しております。
今はまだ手探りの状態なので、そのうち「王道」が確立されていくでしょう。

自分の場合ですが・・・
使用回数が増えた(150回を超えた)電池は着陸後にいつもより「熱く」なってきます。
内部抵抗も増えてきます。
パワーダウンはそれほど感じませんでしたが、充電(放電)容量が少なくなってきました。
残量表示が10パーセント以下になり、それでも使用していると、とうとう最後まで演技ができなくなってしまいます。
そうなったリポは「諦め」です。

最初に使用した「ハイペリオン25C4350mAh」はだいたい150回くらいでそうなりました。
次の「フライトパワーライト」は172回目で限界を感じました。
次の「ライノ」は142回で「あれ?そろそろかな?」って感じました。
今は「ホビーネット」の4250mAhを2セット交互に使ってます。
基本的に飛行場で2C充電です。
それぞれ20回を超えました。
時々充電器の残量表示が8~9%になってしまうのが、ちと心配です。
余裕をみてもう1サイズ容量の大きなリポを使えればよいのですが、機体重量が増えて飛びが変わってしまうので、騙し騙し使ってます。
何回もつか さっぱり見当がつきません。

・・・・・ああ、軽い機体が欲しい!!!・・・・・


俗な話で恐縮ですが、みなさんが気になっているだろうコトをこのへんで・・・

¥15000の10セルリポで150回(150パターン)飛ばしたとして、
1パターンあたり¥100です。
DZ-170はおそらく絶好調の状態で4ℓ缶で16パターン(16ℓ缶で64パターン)くらいでしょうか。
16ℓ缶¥9350として 1パターンあたり¥146ですか。
電動機って決して高くないですよね。
しかも、プラグやOリング等の消耗品も無く、機体やサーボも長寿命。
けっこう、良い事づくめです。

演技中も排煙が見えないので、図形が綺麗に見えます。
下手なラダー修正も目立ちません。
とくに「ストールターン」で差が出ますよ。


まだまだ、わからない事だらけですが、これからも気が向いたら「つれづれ」に更新します。

では、また





2010/6/10まで

「こんにちは、僕はダチョウの『ダッフンダ』です。今日は僕の仲間たちを紹介します」

P1000344_convert_20100614113242.jpg


春日部市(旧庄和町)でダチョウを見ました。
どうも「飼われている」みたいです。

P1000343_convert_20100614113801.jpg

初めは見間違いかと思いましたが、後日改めて注意して走行していると、どうやら「マジ」みたいです。
近くに車を停めて、可能な限り近付いて写真に収めました。

P1000345_convert_20100614114238.jpg

7~8羽いました。
デカイです。
ビビリます。
自分(182センチ)よりデカイんですよ、鳥のくせに・・・

P1000346_convert_20100614200001.jpg


簡単な鉄パイプの柵しかないので、触ろうと思えば触れるのですが、怖くて触れませんでした。

P1000348_convert_20100614200438.jpg

逃げるでもなく・・・  
寄ってくるでもなく・・・
興味を示すでもなく・・・
無視するでもなく・・・ 
威嚇するでもなく・・・

ダチョウって鳴かないのでしょうか?

こいつら何だか「独特の緊張感」を持ってます。

検定会並みに緊張しました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

6月10日 木曜日の飛行場です

P1000446_convert_20100614201816.jpg

7名くらいだったでしょうか。


こちらは・・・
P1000442_convert_20100614202254.jpg

真剣な面持ちで「ラジコン談義」でしょうか?

P1000443_convert_20100614202656.jpg

いえいえ「医者と患者」です。

医学は日進月歩で進歩しているので、医者は毎日毎日勉強していないとダメなのだそうです。
たいへんです。

「昔の常識、今の非常識」なんてことがいっぱいあるのだそうです。
浅野先生の頭の中は常に最新情報で満たされています。

NRKのクラブ員は浅野先生のおかげで、その最先端医療を享受できます。
まことにありがたいことです。
安心して病気になって下さい。

いつまでも健康でいられるよう、日々努力しましょう。


「夢見るスーパーマスターズ」の新井会員です。
P1000444_convert_20100614203606.jpg

エースの座を守るべく、今日も誰よりも熱心にフライトトレーニング中です。
飛行場の管理(草刈り他)も率先してやってます。
偉いです。


愛機アルティア 降りてきました。
交代の時間です。
次は管理人田畑が飛ばします。
P1000447_convert_20100614234315.jpg

愛機シナジーは電動機なので、タキシングはせずに自らスタートラインに機体を運んで、スイッチを入れて操縦エリアに戻ります。
P1000448_convert_20100614235400.jpg

それにしても 我ながら「ひどい格好」ですね。
どうしようもない「おっさん」です。

どうもNRK飛行場は「女っ気」がないので、特に夏場はひどい格好になってます。

           ・・・・・反省~・・・・・

カッコはともかく、フライト中は「真剣モード」です。
P1000450_convert_20100615000326.jpg

あくまで自己採点ですが、最近のシナジー「かなり飛んで」ます。
ホントに10年前の機体でしょうか?
フライヤーの意のままに飛んでくれます。

カナライザー装備、電動仕様にすれば、今の予選パターンは十二分にこなせます。
強いて欠点を挙げるとすれば「重量」でしょうか。

当時はエンジン機しかなかったので、仕方がありませんが、今の電動機の強度・軽量化のノウハウでもう少し軽量化できれば、まだまだ「現役」で戦えます。

やっと周りが追いついてきたってカンジです。
さすが「天才」ペイサンですね。

しかも偶然でしょうが、ハッカーのギアダウンが「ジャストフィット」してます。

全体の形や雰囲気をキープしながら、細かいトコロまで気を使って飛ばせてます。

まあ、とは言っても「ノーミス」でやっとこさギリギリ「マスターズ」通るか通らないかくらいのレベルですが・・・

P1000451_convert_20100615002408.jpg

来月の「中級クラブ対抗戦」に出場予定なので、これから「アドバンスド級」のパターンを練習します。

恒例になりました「中級クラブ対抗戦」ですが、選手の技能のレベルはかなり高く、スポーツマンクラスといえど7点平均程度じゃ勝てません。
毎年「白熱した熱戦」が繰り広げられています。

今年は上位入賞を目指します。


去年「台風18号の直撃」を受けて巨木が2本倒されてしまったので・・・
P1000453_convert_20100615010550.jpg

今年の木陰はささやかです。

でも、やっぱりパラソルやテントよりも断然涼しいです。
自然の力はすごいです。

では、また・・・

2010/6/6 天気の良い日曜日

今日はお隣のゴールデンアロー飛行場で第372回RC曲技検定競技会がありました。
一面良質の芝に覆われた素晴しい飛行場です。
(自分は助手しかしてませんが・・・)

滑走路、駐車スペース共、大変手入れが行き届いていて、ひとつのゴミも落ちてません。
クラブ員の皆様の「熱意」が感じられます。
ゴールデンアローのクラブ員は全員「上級者」です。
競技会やクラブ対抗戦で、常に好成績を収めています。


目の前がすぐ川面なので、天気が良くて気温がどんどん上昇してきてもサーマル等の影響を受けづらく、横や後は牧草地で平地ですし、土手からも離れているので乱気流も発生しにくいようです。

しかも「空が広く」このあたりでは一番飛ばしやすい飛行場ではないかと感じました。

P1000422_convert_20100606232437.jpg
一番右端にかろうじて写っている方はmoguさんトコ「http://pub.ne.jp/mogu/?monthly_id=201005」の構成員でしょうか?
何気に「ポーズ」を決めてるトコなんざ、「ただ者」ではありません。
さすがに百戦錬磨の「つわもの」です。

早朝から準備万端!!! 燃えてますね~~~
前日に本命機をトラブってしまい、急遽予備機での出場となったらしいです。

結果はどうだったのでしょうか?
気になるところです。

お天気に恵まれ、終日良いコンディションでした。

俗に言う「言い訳のできない天気」です。

P1000424_convert_20100606232719.jpg

みなさま日頃の練習の成果を存分に発揮できたと思います。

参加者は少なく30名程度・・・かな?
再挑戦や飛び入りもあったようで、最終的には 延べ40名ちょいだったと思います。
(未確認情報です)
 
関係者の皆様、選手の皆様、お疲れ様でした。


NRKからは スーパーマスターズ級2名 マスターズ級1名 プレマスターズ級1名、計4名が挑戦しました。

ここんとこ飛ぶ鳥をも落とす勢いの わがNRK!!
今日も「快進撃」が続きます。

西山氏がプレマスターズ級に見事合格です。
点数もかなり出ました。
余裕の合格です。
やってくれました~~~

おめでとうございます

管理人の不手際で写真が無いのが残念です。
ごめんねごめんね~

この勢いで次は「マスターズ」ですね。

まあ、しばらくは「壁」にぶち当たるでしょうが・・・


そして・・・

もうひとり・・・

なんとぉ~~~

「スーパーマスターズ合格」です!!!

やりました~~~


その素晴しい人は誰でしょう!!!

NRKにそんな「強者」は、はたしていたのでしょうか!!

その「強者」とは・・・・・

じゃ~~~ん

P1000439_convert_20100607002511.jpg

ご存知「はじめちゃん」で~~~しゅ

圧巻の演技で余裕の合格!

まさに「天上人」です。

演技位置や図形の正確さはもちろんですが、いつも「感心」させられるのは、「ロール」です。
「スッ」「ピタッ」「スッ」「ピタッ」
音が聞こえてきそうな「入り」と「止め」です。

フィギュアMの底部のローリングループ、
スナップロールやストールターン
どんな状況でも余裕を持って「超高等技術」をビシバシ決めてきます。
さすがF3A界の「浅田真央ちゃん」です。(意味わかんねぇ)

今回の結果を見ると、一時期よりも「甘く(?)」なってるような気がしましました。

何が何でも「減点!減点!」ではなく、減点されないように努力している姿勢が見えればその分きちんと評価していただけるような、ジャッジ先生方にかすかに残っていた「仏心」を随所に感じました。

まあ、ホントにルール通りに減点されていったら、検定会なんて「凄惨なモノ」でしかなくなってしまいますもんね。
「真剣」にやるのは当然ですが、「楽しく」を忘れてはいけないと思います。
あくまで、個人的な感想ですが・・・

のべ4名の助手という「大役」を無事終えて検定会場を抜け出し、ホームグラウンドに戻ってきました。
P1000432_convert_20100607005635.jpg

いつものNRK飛行場
検定帰りのメンバーも含めて、12~3人でしたでしょうか・・・


こちらは近藤副会長です。
P1000434_convert_20100607013514.jpg
F3Aフライヤーにはお馴染みの「JRキャップ」と「メガネのコイケスペシャル」と「鉛入り大リーグボール養成オンボードスタイル(推定重量5キロ)」で完全武装しています。

オンボードは重い方が、スティック捌きが安定するそうです。
風速10メートルでも、プロポの方は微動だにしません。
しかしながら、残念なコトに肝心の機体は「タコ踊り」です。

電動機なので、1パターンやったらすぐ降ろしています、が、一日3~4フライトで「ヘトヘト」になるそうです。
重すぎでしょう。

どうも、やっていることが抜けてます。

マスターズ新井氏の前の「NRKエースパイロット」でした。

NRKで最初にマスターズ合格を果たしました。(八田さんを除いて)

もちろん「出会い頭」での「合格」です、が、認定証にもバッジにもどこにも「出会い頭」とは書いていません。
超ラッキーでした。

一般的にマスターズ合格には、「ホームグラウンド」「無風」「助手八田氏」の3つの条件が揃わないとダメです。
極めてギャンブル性が高く、まるでパチンコとかマージャンみたいですね。

最近は「Wind S 110 E」ばっか飛ばしてます。
手軽で高性能なので、「大のお気に入り」みたいです。

フルサイズを含め、機体の所有数はNRKで1位2位を争います。
大会や検定会など、結構「本番」に強いタイプみたいです。



あれあれ???

宮本さんの「PEGASUS」を宮本さんが運んで・・・
P1000436_convert_20100607015738.jpg
いったい誰が飛ばすのでしょうか??

皆に見守られて新井さんの「体験飛行」です。
P1000437_convert_20100607015956.jpg
初めての機体、初めての「JRプロポ」
にもかかわらず・・・

いきなりパターン
すげえ良く飛んでます。
そのままマスターズ通りそうです。

あと4~5回飛ばせばAJ予選突破しそうです。
マジです。

これは「鬼に金棒」ですね。


P1000438_convert_20100607020302.jpg
本人も大変気に入ったようで、
どうやら「購入決定」のようです。

ついに新井さんも「電動化」です。
やったね 

では、また

2010/6/3

相変わらず、3日とあけず飛行場通いが続いておりますが、毎回々々更新していくのは無理だと悟りました。
気が向いた時に気が向いた内容で更新します。

勘弁してくんちぇ。(映画「フラガール」より)

ちょっと前の映画ですが「フラガール」おすすめです。
見てやってくんちぇ。

蒼井優ってただの「カワイ娘ちゃん」じゃないんですね。
「女優」ってすごいですね。
   
  ・・・いや~ 感動しました。・・・

「Shall we ダンス?」の役所広司もよかったです。

ダンスの上手な人ってカッコいいと思います。




本日6月3日の飛行場です。
いつのまにか画像の左上部にへんな影が映るようになってしまいました。

悪性でしょうか?
 ・・・心配です。・・・
P1000364_convert_20100604215942.jpg

参加人数は5名
天候は晴れ

風は・・・
P1000351_convert_20100604230028.jpg
東風5~8メートルくらいかな・・・

実にすがすがしい天気です。
絶好の「ラジコン日和」です。 (こればっか)

木曜日なので浅野先生も見えるかと思ったのですが・・・

もしかして「ブルーマックス」で秘密特訓を受けているのかもしれません。


こちらは・・・
西山氏です。
P1000352_convert_20100604220735.jpg

やる気№3~4てトコでしょうか。

キャリアは相当長いです。
以前は稼業の都合で木曜日しか来れませんでしたが、最近は事情が変わったようで、曜日にかかわらず頻繁に来れるようになりました。
検定会等にも積極的に参加していくと「宣言」しております。

   ・・・ボケ防止???・・・


いえいえ「ラジコン健康法」です。

ラジコンは頭と目と指先、そして集中力を使うので、健康維持、老化防止に大変効果的です。
近々浅野先生が学会で発表する予定になっております。

P1000360_convert_20100604223221.jpg

今月6日の お隣「ゴールデンアロー飛行場」の検定会に出場予定です。

機体は「不死鳥ゼクウ」です。

元々は近藤副会長の機体でしたが、エンスト→オーバーランで胴体が2度折れてしまい、瀕死の状態で救出されました。
すぐさま「田畑再生工場」で蘇生手術が行なわれ、なんとか一命を取り止めた機体です。
P1000353_convert_20100604223558.jpg
胴体が2度も折れた機体には見えませんね。
いいカンジでバッチリ直ってます。
重量増も少なく、変なクセも出てません。

しばらく「主力戦闘機」として田畑空軍で活躍していましたが、電動機に主力の座を奪われ新小岩のキャバクラでヤケ酒かっくらっていた所を西山氏に見出されました。

この機体、ほんと素直に良く飛びます。
トータルバランスに優れ、変なクセはありません。
ホントは「電動化」しようと思ってました。




こちらで、個性的なお帽子でプロポの設定変更をしていらっしゃるのは・・・
P1000361_convert_20100604231131.jpg

ご存知「万年プレマスターズ」の福本会員です。
恥ずかしいので顔は出しません。

NRKでは「運営委員」をやってます。

機体の調整、プロポの設定のしかたはNRKでもトップクラスです。
代々フタバの最上位プロポを愛用しています。
複雑な機能を上手に使いこなしています。

フタバの社員時代の成家氏に、クレームの電話で「食って掛かった」という武勇伝も残っております。

電話の最後に
「わたくし野口屋の福本ですが・・・」と告げたら
「フタバの成家です」と返ってきたらしいです。

はは~~~(土下座)
まるで水戸黄門
キモを冷やしたらしいです。

検定会で合格点が出ないのは「その一件」のせいではないかと本気で悩んでます。

・・・そんなワケないやん。・・・


よほど「プレマスターズの椅子」が座り心地がいいのか、ここ何年も動こうとしません。
サンダル師匠のとこのTさんの記録を更新するかもしれません。


F3Aも大好きですが、実は・・・
水上機も大好きなオヤジです。

シーズンになると自分で「水上機の集い」を企画したりします。

P1000354_convert_20100604234111.jpg
先日ノッキングで壊れたグラスカバー、きちんと直してきました。
よかったね。


P1000366_convert_20100605000107.jpg
良きライバル、岡村氏のアドバイスで「万年プレマスターズ脱出」を目指します。
まあ、合格しても「記事」にはしませんけどね。
  
   ・・・なんちて・・・


P1000369_convert_20100605001005.jpg
美しい空
いつも我々を見守っていてくれてます。

では、また
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。