FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールジャパン予選敗退・・・・・ 

してしまったので、もう今シーズンの 「Bigな大会」(個人戦) への出場機会は、なくなってしまいました。


          ・・・・・残念です・・・・・  


th.jpg



でも、クヨクヨしているヒマは無いんですよ・・・
『だって人生は短いんですから!!!』

th_20130715224505.jpg



というワケで 「新しい目標」 を探すべく、
またまた 「飽きもせず」 3連休は 「ペガサス担いで」 飛行場三昧です。  

imageCA0ZQT3B.jpg


NRK飛行場が使えないので、お近くのSクラブさんに「お邪魔」しちゃいました。 
(いつもありがとうございます)

さてさて、そこで・・・・・
会長のO原さんが、 なんと!!  
早くも 「P-15(来年度からの予選用:規定演技)完走」 しちゃってます。

http://fai-f3abackstage.blogspot.jp/p/p15f15.html


「こりゃ~ ありがたや~」 ってコトで、
さっそく管理人タバタもP-15にチャ~レンジ!!  


右も左も、ほぼ完走できるようになりました。
(プレマスくらいなら通るかな?)

「アレスティ記号」からの解釈なので、若干の「解釈の違い?」はあるかもしれませんが・・・・・


やってみた感想は・・・
P-13に比べて 「飛ばしていて楽しい~」 と思いました。



 ・・・・・意外と気付いてなかったのかもしれませんが・・・・・

 ・・・・・どうも、最近の演技は、「難行苦行」みたいな気がしてたみたいで・・・・・

 ・・・・・本来の「ラジコンヒコーキを飛ばす」という楽しみから・・・・・

 ・・・・・知らず知らずの間に遠ざかってしまっていたような・・・・・




ひとつひとつの「演技の難易度」はやさしめですし、わりと「馴染みのある演技」が多いようです。

2番:ハーフスクエアオンコーナー
3番:ダブルインメルマン
4番:ハーフスクエア
5番:センターでのストールターン
6番:(ハーフ)リバースキューバンエイト(※)
8番:ハンプティバンプ
9番:トップハット
11番:(リバース)キューバンエイト
12番:フィギュアナイン
13番:アワーグラス
14番:ストールターン
16番:スプリットS(※)
17番:アバランシュ(※)

どれも、「やったコトあるでしょ」ってカンジですよね。

(※)は、アドバンスドクラスに出てきた演技です。
最後、16・17は「まんまアドバンス」で、「えっ? こんなんでいいの?」って
ちょっと「拍子抜け」しちゃうような「演技構成」になってますね。


もちろん、「エキスパートの演技パターン」なので、
「トップハット」に「スピン」を入れたり
45度経路の中で「フルロール」したり
それなりの難しさはありますが、

でも、
「横モノ(ロール系)」は少ないし
スピンの「切返し」も無いし、
スナップロールも1回だけだし、

全体的に「やさしい」と思いますよ。
機体の「セッティング」もP-13のままで、ほぼ大丈夫そうです。

電動機では「消費電力」が心配されていたようなウワサを耳にしましたが、
自分がやったカンジでは、P-13とほぼ同じ飛行時間・電力消費でした。

パワー的には5番:ストールターンの垂直上昇時の「1 1/4ロール」でよれなければ充分だと思います。
あまり「オーバーパワー」だと逆に飛ばしにくいかも・・・・・

ただ、「ナイフエッジの癖取り」と、「垂直上昇  1 1/4ロールでなるべく軸がぶれない」ように調整しておいた方が良いみたいです。


60度づつの「ロールの切返し」は今までに馴染みが無い角度なので、ちょっと「苦戦」しそうです。
トップハットのスピンの開始位置を上手く合わせられるかも、ポイントになりそうです。
(強風時は「トップハットの図形」が大きく崩れちゃうと思うんだけど、どんな解釈になるのか・・・・・?)
アワーグラス(キューバンエイトも?)が一番複雑な演技(減点箇所が多い?)かもしれません。

P-13に比べると、ワリと「近めで大きく」できそうですが、その中で6・7・8・9や14・15・16あたりの「位置取り」が微妙になりそうです。

「検定会」で「マスターズ」を目指している人にとっては、
P-13に比べて「7点」以上がもらいやすい演技構成ですし、
「大失敗」の可能性がある「危険個所」も少ないので、
「マスターズ合格」に大きく近づけると思います。


そこそこ「カタチ」にはなりそうですが、
その先(8点以上)の演技をするには、
「見せる演技」を心掛けなければならないので、
「正確さ」や「優美性」なども含めて、
ひと工夫もふた工夫も必要になりそうです。



   ・・・・・自分も含めて・・・・・

オールジャパン予選や選手権予選で、
ボーダーライン前後で「悪戦苦闘」している諸兄には、
どう工夫して「頭一つ抜け出す」か・・・・・

その辺が「課題」になりそうですね。


P-15は、ワリと簡単に「完走」できると思いますので、
F-15にも挑戦しましょう。


では、また・・・・・







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。